株式会社AppRuns(アップランズ)|宮城県仙台市のアプリ開発・Webサービス開発

宮城県仙台市のアプリ開発・システム開発・Webサービス

先輩社員の声・代表メッセージ

先輩社員の声


AppRunsでフルスタックエンジニアとして活躍する先輩エンジニアから開発で大切にしていることなどインタビューを行いました。

ーー開発美学を教えてください

前書いたコードより良いものを書くことですね。
昔のコードを見るたびに毎回書き直したくなりますが、
ただ出来に納得行かなくても使い回すことも必要なので、
そこは少し我慢して別の機会に試すといったこともあります。

ーー開発において大事にしている考え方はありますか

見やすい、わかりやすい、伝わりやすいコードを書くことです。
よく言われることなのですが、数日後、数カ月後の自分は他人なので、その時の自分に伝わる、読んでて苦痛にならないものを書くことを心がけています。

ーーなんの言語が書いていて楽しいですか

Node.js(ReactNative)でアプリ・サーバーサイドの両方に知識や経験が活かせるJavaScriptが今は書いていて楽しいです。

ーーAppRunsで働いてよかったと思うこと

営業チーム、運用チームとの風通しがよく、のびのびと開発が行えるところです。
自社開発が多く、いろいろな技術を試すことができます。

ーーどんな人がAppRunsのエンジニアとして活躍できる?

設計や技術的なことについて対話できる方です。
技術的に勉強中の方であっても疑問点や、ちょっとしたひらめきを共有してもらえたらお互いに新たな気づきが生まれて成長できると考えていますので、自分から学習したり、考えることができる方が活躍できると思います。

ーーAppRunsの求人に興味を持っている人に一言

まだまだ小さい会社なので、開発者一人に求められることは多く、苦労することもありますが、反面、いろいろなことに挑戦できるので、スキルアップは確実にできると思います。
社長が開発者出身ということもあり、のびのびと開発できる環境づくりにとても気を使っているため、経験豊富な方もこれから技術を磨きたい方も、どちらにとっても良い環境だと思います。
自分もまだまだ未熟ですが、一緒に技術を磨ける方と仕事ができると嬉しいです。

代表から求人希望者の方へ

株式会社AppRunsは、2014年の2月にアプリ開発会社として始めました。

きっかけは2011年の東日本大震災。
震災後に仙台が復旧から発展していく時に
自分に何ができるのかを考え、

「仙台で挑戦できる場所をつくりたい」
「仙台の象徴となるIT企業を作りたい」

という想いから、SIerだったキャリアから起業しました。

創業1年目はお仕事をお請けする受託開発が主軸でしたが、
2年目から協力会社と共同で「サービス開発」に大きく方針転換しました。

それは、
「開発したサービスを直接ユーザーに届けたい」
「エンジニアがしっかりサービスを良くした分だけ還元できる様にしたい」
という想いからでした。

その挑戦は、サーバ負荷との戦い、マーケティングの試行錯誤、使いやすいデザインの追求など
とても大変でしたが、サービスを提供する際に必要な領域のスキルが向上し
1年で「完全自社サービス」を達成しました。

そのおかげで会社も、働きやすさや、新しいことに挑戦できる環境の整備ができました。
何より、利用するユーザーから直接「ありがとう」「このサービスがあってよかった」と
言ってもらえるのはとても嬉しいです。

これからもお役に立てるサービス開発、
また社員みんなが「働いてよかった」と実感できる会社でありたいと考えています。

現在、教育ジャンルとビジネスを注力領域とし、自社サービスとパッケージ開発の2軸で、
ユーザーのお役に立つモノづくりをしています。

最近は、「教育ジャンル」において挑戦したい新サービスがあるのですが、
一緒に盛り上げてくる仲間が足りません。
そこで今回、求人の募集をさせて頂きました。

「よりユーザーのための開発・運営をしてみたい」という方や
「今のままでいいのか。新しいことにチャレンジしたい」という方、
ご応募をお待ちしています。

共に切磋琢磨しながら成長して、良いモノづくりをしましょう。