株式会社AppRuns(アップランズ)|宮城県仙台市のアプリ開発・Webサービス開発

宮城県仙台市のアプリ開発・システム開発・Webサービス

経験から得たこと(2014)

2014年、AppRunsが創業当初に書いた内容です。
情報が若干古くなっていますが、創業当時の想いや考えを大切にしたいため残しています。

志 – 学生時代の経験

学生試合を振り返っても思い出すのは、授業や遊んでいたことよりもその時の部活の思い出のことばかりです。

理不尽だったり思うようにいかなかったり、納得できなかったり。
何度も逃げ出したい、辞めたいと思っていました。
それでも素晴らしい仲間たちに恵まれて、日々稽古やトレーニングに耐えることができ、その結果、多くの学びや経験を仲間たちと分かち合うことができました。
また、厳しくも愛情をもって接して頂いた先生方や諸先輩のご指導のおかげで、さまざまな経験をさせて頂き、今の自分があります。

その中で私自身が学んだことの1つに「誰かのために頑張れる人は強い」ということです。
けんかや腕力が強いという意味ではなく、気持ち・精神面が強いという意味です。

私は自分のために勝ちたいという気持ちより、「チームのために」「お世話になった人のために」努力し結果、自分にも返ってくるという形が最も強いのではないかと考えます。
「自分では弱いと思うかもしれない、でも自分を育ててくれた人は私たちを強く育ててくれている」 AppRuns アップランズ でも「ユーザのために」「社会のために」役に立ちたい、その結果、 AppRuns アップランズ に返ってくる、そのような志で取り組んでいます。

ITをすると決めた理由

私はそもそも学生時代は情報系出身だった訳ではありません。
大学時代は気象学を専攻しており、プログラムなどのことは一切わかりませんでした。
IT業界に入ろうと思ったきっかけは小さなことではありますが、私にとってはとても大きな衝撃をうける出来事があってのことです。
それはTVを見ていた時のことなのですが、ある宮城県の地方を特集していてその町は住民も少ないお世辞にも賑わっているとはいえない商店街の靴屋さんが、実はすごい売上があがっているという内容でした。
理由はネットショップでの売上が好調で都心を含む県外からお客さんに商品を届けていることです。
今となってはすごく当たり前の話ではありましたが、当時の無知だった私は「ITの力ってスゲー!」と純粋に感動しました。
そのことがきっかけで「ITはすごい便利なものなのに、何か難しそう。でも自分のように知らない人・やり方が分からない人がたくさんいるのではないか」と考えました。
ITを伝える仕事、また便利なもの自分自身で創ることができたらそれは「人の役にたてる仕事」「自分の生きがいになる仕事」になるのではないかと考えIT業界に入りました。

成功体験から学ぶこと

私は成功体験から学ぶことはたくさんあると考えています。
成功とは人それぞれの解釈だと思いますが、私は学生時代に大会で入賞したときのことが一つの成功体験になっています。
私なりにまとめると、成功体験から学べることは大きく3つあると考えています。
「成功する方法を知ること」「成功は1人では絶対に成し遂げられないこと」そして「絶望する程、数多くの失敗があること」です。

成功する方法を知ること

これは自分にフォーカスをあてて学びになったことです。
まず経験することで成功するための方法を知ることができます。
一度目の成功で、こうすればいいんだとか、こうするのがもっと効率的だ、次はもっとこうすればいいんだと考えられるようになります。
そしてその考えていることについて自信をもって取り組むことができるようになります。
経験しないと、これでいいのかどうか迷いがでたり違う方向にいってしまうことがあると思います。
何より「努力をすることで結果がでる」ことを身をもって知ることが重要で、またより努力をするようになれます。

成功は1人では絶対に成し遂げられないこと

最初の成功を含めて、いくら個人競技だからといって自分自身の力だけでは絶対成し遂げられるものではありません。
仲間のおかげで日々の稽古に耐えられたり、先生方や諸先輩のご指導のおかけで、強くなることができたり、いつも自分がやってることを応援して支えてくれる家族や友人がいたおかげて体験できるものだと考えています。
実際、試合で自分のエゴで試合をするより、お世話になった人たちへの感謝の気持ちや恩返ししたい気持ちをもって取り組んだ試合の方が自信をもって取り組むことがでしました。
人それぞれかも知れませんが、私としては欠かすことができない大切な要素です。

数多くの失敗があること

ひとつの成功に対しては、無数の失敗体験が根底にあります。
失敗から学ぶこともたくさんあります。
辛くなってもう辞めたくなったり、なかなか結果がでなかったり、自分自身のやってることが正しいのか疑心暗鬼になったりと多ければ多い程、ネガティブな感情になりました。
ですが、それなら分からないなりに数をこなす必要があったり、協力をお願いするようになったりと自分自身で考えて試行錯誤する様になります。
成功すれば全部がそのためだったと言える様になります。
結局は最終的な成功をおさめることで学ぶことが最大化、あの時の失敗があって良かったと笑っていえる様になると考えています。

ITと企業

現在、企業にとってIT導入を考えたとき、事業の効率化や見える化など既存の仕事をいかに早く行うか、簡単にするかといった考え方があります。
また、ITを駆使した新規事業の推進や拡大など、大きな広がりをもつ可能性を秘めています。
IT導入はより便利になる、役に立つことは多く考えられていますが、導入前の企業にとっては、怖いもの、未知な世界、難しいといった印象があるかと思います。
私たちは、他業種の企業と一緒にお仕事をさせて頂く機会で、多くの経験や成功体験を得ました。

それらの経験で、お客様と一緒に本気で考え、本気で取り組んでいくことが絶対に必要なことで、私たちのようなIT企業が求められる理由はそこにあると考えています。

より成長したい人、募集中!

私たちは共に新しい価値を生みだし、共に成長していく仲間を募集しています。